評判だけでなく相性でリサイクルトナーを考えよう

プリンターなどを利用するときに必ず必要になるものの一つに、トナーの交換になります。トナーは印刷する上でとても重要になるものであるので、いつ残量がなくなってもいいように予備を用意していることが普通になります。しかし、純正品のトナーは高価でありコストパフォーマンスが悪いものになり、使用する量が多くなれば多くなるほど費用もそれなりにかかってしまいます。そのようなときに安く手に入るものが、リサイクルトナーになります。リサイクルトナーは、使用済みの純正品のトナーのカートリッジを洗浄したり、トナー充墳を行い再利用したものになります。そのため、純正品のトナーに比べて圧倒的に安い値段で購入することができます。しかし、リサイクルトナーを購入する場合には、評判に惑わされないようにすることが大切になります。

評判のいいリサイクルトナーでもデメリットがある

リサイクルトナーを購入しようとするさいには、色々なサイトなどで評判などを比較しながら購入することが多くなりますが、どのように評判の良いリサイクルトナーでも注意しなければいけないことがあります。それは、少ないですが初期不良を起こすものがあり、印刷した際の色合いが純正品と微妙に異なるものもあることになります。リサイクルトナーは、使用済みのカートリッジを再利用しているため、初期不良が2から3パーセントほどの割合で発生してしまいます。また印刷の色合いは純正品とほとんど同じですが、トナーの成分など全てが同じではないため、色合いが異なってしまうことがあります。このようなことがあるので、評判のいいものであってもすべてがすべて良いものではないことを把握しておきましょう。

プリンターと相性がいいかどうかも重要です

どのようなものでも相性というものはあり、プリンターにおけるトナーにも相性があります。そのためリサイクルトナーを評判だけで見てしまうと、一番評判のいいものを選んでしまって使用しているプリンターに対応していないものだったりするなど失敗してしまうこともあります。このようなことがないように、リサイクルトナーを選ぶ際には使用しているプリンターに対応しているものか確認して購入するようにしましょう。また、対応しているリサイクルトナーだからと言って、一度に大量に購入することも避けるようにした方が無難になります。これは、対応しているといっても、実際に使用してみると相性が悪い場合があり、うまくいかないこともあります。そのため、最初は少しだけ購入して問題がない場合にまとめて購入するようにしましょう。